自分もいつなってもおかしくない薄毛への心配

現在36歳である私は薄毛ではないものの、将来的に考えて自分もそのうち薄毛になるのではないかという懸念を抱いています。

薄毛になる理由としてストレスや生活習慣に遺伝といったものがありますが、ストレスは人間として社会で生活をしていく上で日常的なものですし、生活習慣も私は飲酒やタバコも吸うので将来薄毛にならないという保証はありません。遺伝に関しては親は現在薄毛ではありませんが、親戚などには薄毛の人も少なからずいるので、遺伝を通して薄毛になる可能性もあるでしょう。

会社の先輩などにももちろん薄毛の人がいますが、当の本人はそれ程きにしていないように感じます。薄毛をわざと自虐ネタとして活用したり、中には薄毛をいじられたくないという人まで様々です。その人の性格によって薄毛に対する考え方が違うので、上手く空気を読んで接するのが大事だと思います。

もし、自分が薄毛になったらどうでしょうか。私だったらカツラを被るかスキンヘッドにするか迷うでしょうね。最近だと増毛の技術も日々進化しているので予算と相談して決めることになりそうです。

札幌にもはげ治療のクリニックはあるみたいなので、とりあえず安心です。

まずは、薄毛にならない為にも予防が必要不可欠になるでしょう。遺伝に関しては今更仕方がないことなので、飲酒やタバコの量を少なくしたり、頭髪に良いものを食べてみたり、適度な運動をするのも良いそうですね。私はできれば薄毛にはなりたくないので、まずは予防に力を入れていきたいと思います。